Re:animation

歌舞伎町「Re:animation」3たび 5月3日にアニメとクラブが融合
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1912360&media_id=50

 うむ。3回目。

 屋外DJパーリー。
 テクノ、ハウス、ロック、アニソンが歌舞伎町で鳴り響くイベント。
 アニソン。ここがポイントでしょうね。

 1回目から参加してますが、なかなか面白いイベントです。
 アニメファンも音楽ファンも楽しめると思います。
 コスプレして臨む人もいましたし、と思えばアニソンなんて関係ない!のテクノで圧してくるDJもいますし。
 アニメに生理的に嫌悪感持つ人には向いてないイベントでしょうし、アニソンでない音楽は受け入れられない人にもダメかもしれません。
 ただ、それらボーダーレスに楽しめる人にはとても面白いイベントでしょう。濃い薄いはあるでしょうけれどアニメオタクの人でも音楽好きはいますし、音楽好きの人にもアニメを見る人はいますもんね。


 
 まぁそんなことより何より、歌舞伎町のど真ん中で約1000人を躍らせてUSTREAM瞬間視聴者数世界一になったこのイベントが、『企業が絡んで利益を目的にしたイベントではない個人発信のものである』というだけで実に痛快です。



 すでに大規模になってしまって今回もどうなるのかと思ってましたが、資金繰りをCAMPFIRE(※)というシステム・・・?団体?・・・を使って行っています。
 単純にいうと『皆でお金出せる分出し合ってイベント作ろうよ』というものです。
 でお金を出してくれた人には特典が付いてくると。

 ここで面白いのは、スポンサーを企業に頼ってない事です。
 この規模なら企業から話もありそうですけど、まぁあったらしいんですけど、そこにはいかなかった。
 あくまで“個人の手によって作られる”イベントにこだわった。
 このイベントの主催者はかなりそこにこだわっています。

 大きな規模のイベントになると例えこれが個人の手によって運営されているイベントといっても、サービスを提供する側、サービスを受ける側に別れてしまいます。
 元々は「大きな音で音楽かけてみんなで踊ろうよ」というところから始まってDJも運営もフロアにいる人も「その場所を自分達が作っている」という感覚が当初あっても、人が増えイベントが繰り返し行われ時間も経てば、その色は薄くなってきます。
 今回はそこに対する1つの答えになるでしょう。
 そのイベントを成功させるために、身銭を切る。



 「俺も金を出してる」「私もお金を出した」=「俺が(私が)Re:animationだ」


 この感覚があるといいですねぇ。
 
 あ。
 このイベントはクリーンなイベントを目指してます。色んな意味で。
 まずは目の前にゴミがあったら拾ってみますか。どうですか。
 成功させたいですねぇ。



※・・・その昔、貴族がパトロンとなって音楽家や画家に作品を作らせていました。それを現代版にして個人個人が小さなハプスブルグ家になってそういった色んな活動を支援しようという活動みたいです。まぁ詳細はサイト見てください。

http://camp-fire.jp/
[PR]
# by skullscafe | 2012-02-19 09:36 | 音楽

地震近況@茨城県南

茨城県かすみがうら市、余震が断続的にあります。

3日以内にまたデカイのが来るとか聞いています。ホントならば結構マズイですね…現段階で家のあちこちに亀裂が入ってるようですし、開かない窓もありますし。家自体が歪んでるようなので。



朝、弟の車で役場の給水を受けに。
500mlペットボトル3本。
水入れる容器あれば、その分、軽トラの荷台に積んだタンクから配水受けられた様子。

帰りがけ弟の車、給油。ガソリンスタンドまで1時間弱くらい待つ程の車の列。
1台上限20L。
食料調達。
カップラーメン売り切れ。
パン売り切れ。
水売り切れ。
他飲み物は有り。
冷凍食品は販売中止の張り紙。(電気止まってる時間があったせい?)
朝方ジャガイモあったが昼頃立ち寄ったら売り切れ。
缶詰めも数少なく。

その後僕も給油しに来るが1時間半待ち。
同じく20L上限の給油。
家に戻ると復旧した水道が断水すると聞かされる。
今のうちに水道の水を貯めるためのポリタンクかポリバケツを入手するべく近所のホームセンターへ。
ポリタンク、ポリバケツ共、売り切れ。考えることは皆同じ。
隣にあった、でかいゴミ箱2つ買う。

ここまで来てあまりに行動が後手後手でマヌケ過ぎて泣けてくる。
はたと思い当たる。
うちにも井戸あるが飲み水としては適さないというのは本当か?
アルカリ性強いからウンヌンて関係あるのかな。
結局断水ナシ。
断水話はどこへ!いや有り難いんだけどさ。
濁ってて水圧弱いけど。沸騰させてから使えとの防災かすみがうらの放送。

土浦の弟の所は断水。電気は来てるとか。
水道水をビニールに入れ渡す。
そうこうしていたらもう日が暮れた…
父はガソリンを入れられなかった。何処に入れに行ったのか知らないが…

ウチはライフラインは生き返ったので恵まれてる。
有り難い。
普通の生活がどれくらいの人の力で成り立っているか。
そして普通の生活がどれくらい簡単にひっくり返るか、更にはどれくらいその時の備えが出来ていないか。
今更だけど。
今更になる前の人の参考になれば良いかなとも。

宮城岩手も大変ですが
茨城県北も大変のようです。
詳細な情報など分からず、それについて僕がつぶさに語ることは出来ませんが、知人友人のネット上の日記、メールの行間から漂う疲弊感からそれが伝わってくる感じがします。
[PR]
# by skullscafe | 2011-03-13 22:17

公演情報

茨城の上のほうで芝居するという情報が入りました。
見に行くと良いです。
地方でも文化は根付くのだよ。
なんてな。
都内でなくとも頑張ってる劇団はあるわけです。


・・・・・・・・・・・
籠宮ジュン率いる
チーム無秩序 演劇公演
「けれどスクリーンいっぱいの星」
作:高橋いさを
演出:棚谷黒胡椒

■日取り■
2011年3月19日(土) 、20日(日)
■開演時間■
19日 18時30分
20日 14時00分
※開場は両日30分前からとなっております。
■チケット価格■
前売り 500円
当日 800円
■会場■
日立市多賀市民会館(多賀市民プラザ)
1階 小ホール
※JR常陸多賀駅より真っ直ぐ徒歩10分。進行方向左手にある新しい建物です。お車の方は敷地内の有料駐車場をご利用ください。

■キャスト■
棚谷黒胡椒、渡邊南、ひらがなであおき、chokusi、菅野雄也、井上友美、籠宮ジュン、チヒロ( ´Д`)y━・~~ 、佐藤由梨
■Wキャスト■
長谷川舞子(19日)、柏淑子(20日)
■特別出演■
吉村晃、大和田優子. 、清仁★ロマンチック
■スタッフ■
上田彩、鈴木めぐみ、斉藤浩代、吉久保美佳、谷純子

■参加劇団■
劇団青色ジョーカー、演劇集団☆ハジメ、演劇集団 風ノ街、劇団√6、劇団ペンギン座

■ あらすじ ■
某月某日。
どこにでもある平凡なアパート「常盤コーポラス23」。
そこに住む5人の男女の前に突如現れたのは、なんともう1人の自分「アナザー」!
侵略者を名乗り、悪逆非道の限りを尽くすアナザー達に、地球防衛軍となった住人達が戦いを挑む!
・・・・・・・・・・・
[PR]
# by skullscafe | 2011-02-26 00:26

ネタ帳

ネタにつまって過去のネタ帳を引っ張り出してきてみた。

…。

よ…読めん…
大部分がただの落書きだったが所々、物語の断片的なものや思いついたシーンを漫画のネームっぽくしたものがあったが、何が書いてあるか解読不可能。(笑)

その中でまともに読めるものが1つあって、それを形にしてみることにする。
少しトチ狂った物語だがまぁ良い。やってみようじゃないの。
[PR]
# by skullscafe | 2011-02-05 16:02

Re:animation終了!

 新宿歌舞伎町初のレイヴが終わりました。

http://reanimation.jp/

 早い話が屋外DJイベントです。
 
 正午スタート時は人がまばらだったのでヒヤヒヤしましたが、終わってみれば、会場に800人?1000人?の動員数。USTで2000人が視聴。みたいです。USTで瞬間視聴人数世界一になったってホント?


 新宿は古い建物が取り壊され新しいキレイな建物が次々と出来ています。久しぶりにくると気後れするくらいです。
 その裏ではライブハウスがなくなりクラブがなくなり芝居小屋が消えています。シアタートップスもシアターアプルも何か三丁目のあそこら辺にあった劇場もなくなりました(劇場ばかり記憶にある)。

 何で文化の発信場所を潰していくのでしょうね。
 街がキレイになるのは結構ですけど失ったものも大きいと思います。
 上に挙げた無くなってしまった場所は街の匂いを作っていたのではないかなと思います。
 街がキレイになるとは無臭になる=個性が無くなることなんでしょうか。
 だとするなら寂しい話です。

 新宿というのは何かが生まれる街という印象があります。
 なんか、あるんです。そーゆー雰囲気が。
 僕の新宿の印象は芝居がベースにあるせいかもしれません。蜷川幸雄が活躍した街であり小劇団の登竜門的なシアタートップスがありその先には紀伊国屋ホールが待っています。
 それは他のジャンル、例えば音楽でもおなじような事がいえるんじゃないかと勝手に想像します。リキッドルームやローリングストーンがあってそれをキッカケに生まれ出てきたものがあると思います。

 とにかく新宿は文化を生み出す場所だったんじゃないかと思っていました。

 そんなこともあり、劇場やライブハウスが無くなっていくのは寂しいことだなと、下手したら街自体の力や魅力のようなものが無くなっていくんではないかと。そんな事を思っていました。


 そこに来てRe:animationが開催されました。

 アニメオタクの手による音楽イベント。
 商業的なイベントではありません。
 個人が個人を助けるように集まり形を成してきた個人発信のイベントです。
 強引に利益目的で作り出されたイベントではないです。
 皆が望み皆がそれを助け具現化し、それを皆が楽しみ、更に皆が次を望み、それに向けまた皆が動いていく…
 まるで夢で出来ているような奇跡的なイベントです。歪みない。
 久しぶりに新宿が生み出した文化の種のように思います。
 アニメと音楽の融合。この先何が起きるのか。
 もしかしたら僕等は歴史的瞬間に立ち会ったのではないか、そんな事を思ったりします。
 しかしまぁそんな事は先々の人々が判断することで。

 とにかく今日は楽しかったなって事で。


 個人的に…hideさんのプレイがとにかく最高でした。
 まるで教授と高橋幸宏と細野春臣が1人になってそこにいるような。

…ちょっと違うな…

や、とにかく最高でした。
[PR]
# by skullscafe | 2010-12-23 22:20

コミティア

コミティア、性懲りもなく出ます。

11/14
11:00〜16:00
東京ビッグサイト西1・2ホール

スペース
な14a

サークル名
『スカルズカフェ』

えー…例によって出す作品は今描いてます。
いい加減にしろって話ですが。


コミティア、単純にオタクのイベントですが、コスプレなし。既存の作品のパロディなし。マンガ雑誌の編集部が持ち込み受付窓口を設けている。
いわゆる完全オリジナル作品が展示販売されるイベントで、意外に硬派な印象が気に入ってここのところチョコチョコ出ています。


なかなか成果を出せず、ズルズル参加しているとも言えますが…
そう考えると奥が深い。
マラソンに似ている気がします。
そして結果も似ている。途中リタイア的な…
両者に必要なのは綿密な準備・計画。そしてそれを実行する実行力・継続力。

どれもこれも僕には欠けています。
そしてかれこれ3年くらいこんな感じです。
そんなわけでここ何年かこのイベントに参加しています。

何とかもう1つ上のレベルで参加したいのですがねぇ…
[PR]
# by skullscafe | 2010-11-12 21:17

冬コミ

 冬コミ受かりました。
 軽くビックリしてます。略してカルビ。略さなくても良いじゃん。
 
 の、前にコミティアもあります。11/14。
 コミティアにはいつもどーしょーもない漫画描いて持ってくんですけど、今回は芝居台本を書いてもってこうかと思ってます。
 最近、芝居ばっかりやっていたので、頭が芝居寄りになったまんまになってるというのもあるかもしれませんが、うちの劇団ではやれそうにない台本とか書いてみたいなぁと、ふと思いまして。
 どうせ書くなら世の中にそれほど出回ってない1時間モノで少人数の芝居を書いてみたいなぁと。
 高校生が大会でも出来るような作品を。

 もちろん漫画も描いて行くつもりです。
 時間ないのに。いつも以上に時間無いじゃないか。でも、何となくできるんじゃないかなぁと思ってまして。
 あとは乞うご期待です。
 今回は当初より最低台本だけは書いて持ってくつもりだったのでジャンルをその他にしてみました。
 
 あ。
 冬コミのほうですが、こちらは漫画描いてもってくつもりですが、ボイスドラマも作ってもっていこうかと思ってます。12/31、東京ビッグサイトで僕と握手!!
 
 さて。
 とりあえず、風呂敷を広げられるだけ広げましたので、あとは収拾つくのかどうかというところです。
[PR]
# by skullscafe | 2010-11-02 00:14 | マンガ

『第9地区』

 昨日だったか今日だったか。
 ラジオを聞いていたら、マンハッタンだかの都会に生息するアリには在来種、外来種併せて数種類の種が存在するという。
 そして、それらのアリは他の種のアリを駆逐もせず交じり合う事もなく、規律があるかのごとく“共存している”と伝えていた。
 “共存”。それを果たして“共存”というのだろうか。

1.きょう‐そん【共存】
[名](スル)《「きょうぞん」とも》二つ以上のものが同時に生存・存在すること。「動物と人間とが―する」

だそうだ。yahoo!辞書より引用。

 隣り合っていれど交差することなく生活しているならばそれは共存といわないんじゃないか。

 さて。
 映画を見ました。

 『第9地区』

 公開した時は軽く話題になり、良作であると評価が高かったと記憶しています。

 今回、実際DVD借りてきて見ましたが。良い作品でした。
 映像が、ドキュメンタリー風な感じと、物語的な感じと入り混じり臨場感を煽りました。
 生っぽい。
 物語の舞台が南アフリカ。
 そして題材は異文化交流。
 アパルトヘイトを容易に連想しやすい仕組みですね。関係者は特典映像のインタビューの中でこれは娯楽映画であると主張していましたが、作品解説する言葉の端端に舞台である南アフリカを積極的に盛り込んでいったことをにじませます。それが言わずとも人種差別問題を思い出させます。
 一番驚いたのは劇中で出てくる保管庫だか実験室だかはアパルトヘイト時代に使用された核ミサイルの保管庫だったとか。現在はもぬけの殻かと思いきや・・・特典映像の中にはチラッとミサイルのようなものが映ります。作り物ではないということでした。
 また、エイリアンたちが住むとされるスラムは実際にそういった地域で撮影し、実際にそこにあるものを利用して道具立てを整えたそうだ。
 そんなこともあってか非常に生々しい映像となっています。
 
 物語はエイリアンvs地球人。
 しかし、エイリアンはギーガーがデザインしてリドリー・スコットが監督した恐ろしい攻撃性の高いエイリアンとは違い難民として描かれています。彼らは第9地区と呼ばれる地域に住まわされその一帯はスラムと化しています。
 この物語ではエイリアンは人を襲うものとして出なく迫害されるものとして描かれます。
 また見所は対エイリアンの公的機関の最高責任者の行く末です。
 これは見ていてゾッとしてます。人の残酷さが見えます。

 しかし、面白いです。『第9地区』。見てない人は一見の価値アリです。
[PR]
# by skullscafe | 2010-10-28 00:25 | 映画

『時をかける少女』

 時をかける少女はスゴイですねぇ。
 どんだけリメイクされますか。
 今回見たのは仲里依紗版時かけです。
 但し。アニメではなく実写。

 今回は初代時かけの続編的作りになってます。
 ふぅむ。
 予想とちょっとズレた展開をしてくるのがなかなかニクイ感じでした。
 どうも最近、仲里依紗が気になります。
 うっかりゼブラーマンも見てしまいましたし。しかも、1人貸しきり状態で・・・。単純に他にお客さんがいなかっただけなんですけど。
 
 どうなんでしょうねぇ。仲里依紗。ちょっと本作品でも目力強すぎなところがありましたが。
 でも、良かったです。仲里依紗。
 しかし、それ以上に良かったのが中尾明慶ですかねぇ。青木崇高って人も良かったです。昭和な感じが良く出てました。ああいう青春良いです。

 しかし、時をかけてる最中は頂けなかったですな・・・。
 走ってるんですけど妙に不自然。
 DVDにはメイキングも付いていて、このシーンの撮影シーンも入ってるわけですが、仲さんがルームランナーみたいので走ってるんですね。
 これ、いかんですよ。
 と、知ったような事いってみますが、スポーツクラブとかで体験した人は分かると思いますけど、このルームランナーでの走り方と普通の走り方違うんですもん。そりゃ不自然にもなるってもんです。

 でもなんだかんだいってそこそこ楽しめました。
[PR]
# by skullscafe | 2010-10-24 21:43 | 映画

取手飲みハロウィンオフ

d0034682_16204988.jpg

d0034682_16204978.jpg

d0034682_16204937.jpg

昨日、mixiの地元コミュニティのハロウィンオフに参加してきましたよー。

仮装が条件でしたので何か考えねばなりませんでした。
店で売ってるものもあまり満足いきそうなもの無かったですし、どうしようかなと。

ラーメンズの片桐仁がガンダムの頭部の被り物被ってるのを見たことがあって、対抗してエヴァ初号機の頭でも作ろうかと思いましたが、さすがにコテコテのアニメネタはよろしくなかろうと判断しました。
全くどういうノリか分かりませんし、どこら辺のレベルの仮装が良いやら。
芝居関係や創作関係の人達の集まりならやり過ぎくらいが良いでしょうけど、そういう集まりでもないので…うーん。

そんな事を考えてたら金曜になってました。オフ会は土曜です。
わぉ。1日しかない。

今から買いに行ってどうのするのもなぁ。

黒い服、赤いパンツ、丸いトゥのドクターマーチンはある…ミッキーの手も10年前くらいに買ったものがどっかにあった気がする…

よし…

やはり…ここはベタにミッキーでいくか。
問題はネズミ耳が無いことだがサックリ作っちまえば安上がりだろう。

安上がり。になるはずがないんです。作る前から分かってしかるべきだった。
何かやると決めるとそこに突進してしまうので作り始めてから気がつきました。←アホ

しかも1日で作ったので清洲城よろしく張りぼて同然の、いや張りぼて以下の出来。完成した時点から壊れ始めてました。サバか。お前はサバか。足が速いねーっつって。
材料としてテープ状の石膏を使用してましたが途中で足りなくなってしまい、強度が保てなかったのが原因です。

出発の1時間前くらいに完成。

いざ会場に行ってみると手作りしてる人など皆無でした。

うっわ。恥ずかしい〜。

皆比較的ライトな被り物でした。
聞くとドンキホーテで買ってきた人多数。

ドンキホーテ!
すっかり存在を忘れてました。
そこにいけばサクサクお安く準備が出来たわけですねぇ。


オフ会自体は初参加でしたが楽しかったです。
ある人の生涯ハンバーガーを食べないという話しか覚えてませんが…
[PR]
# by skullscafe | 2010-10-24 16:20