COMITIA91終了

 原稿でバタバタするのはいつものことですから、今更何も言いますまい。
 反省しても、反省するだけでは、ね。
 ここはあえて反省しません。
 反省せず、カイゼンできればそれでいいのです。

 それよりも今回泡食ってしまったのが、当日の朝です。

「茨城って東北でしょ?」

 茨城県人であれば、誰しもが一度は他県民から浴びせられる言葉です。
 しかし、この日ばかりは茨城在住の僕もここは東北なのかもしれないとちょっと思ってしまいました。
 朝起きたら、完璧なまでの銀世界。
 道路だってもちろん凍結しています。

 いつもならば、車でビッグサイトまで行くのです。
 しかし、今回は起きがけに目の前に広がる雪景色にひるんでしまいました。
 車のタイヤも凍った路面で軽く滑りがちです。そんな状態ですから走ってる車は徐行状態を余儀なくされます。
「これでは時間がかかってしまう。電車だ!」
 と判断して常磐線に飛び乗ります。
 
 ところが。

 柏辺りでふと気が付きます。
 車窓からの景色に違和感が・・・。
 雪がないのです。
 太陽なんか出ちゃったりして。
 え?雪?何?寝言?
 なんて言われてしまいそうになるくらいいい天気。
 あんなにバカみたいに積もっているのはどうもウチの周りだけだったようです。
 なんだか、腑に落ちないモヤンモヤンした気持ちでビッグサイトに到着。

 そんなスタートから妙にケチがついた感じで始まり、毎回楽しみにしている村田蓮爾さんの本が完売していて手に入れられなかったり、持って行ったマンガもあんまり手に取ってもらえなかったり・・・。うーん。なんともションボリな感じが・・・。

 そこで、今回の最大の目的の1つでもあったのですが、出張して来ているマンガ雑誌編集部に持ち込みしにいきました。
 ションボリな感じに引きずられそうな時は自分で何らかのアクションを起こしてその空気から脱するしかありません。
 小学館のIKKIの編集部に持って行きました。
 まず、所定の場所に置いてある用紙に氏名、連絡先などを書き、IKKI編集部のブースまでいき順番を待ちます。(用紙に番号が振ってあり、その番号の若い順で順がまわってきます)
 一見すると会社説明会のような感じです。
 長机があってそこに編集の方が3人着席。その前にパイプいすが置かれ、持ち込みの人が編集の方と対面で座ります。
 編集の方が持ち込まれたマンガを読んでいる間は、「良かったらこれでも読んでてください」と今月号のIKKIを渡されます。
 や、もうこの前買って読んでるし。
 それより何より自分のマンガ読まれて反応が気になって仕方が無く手渡された今月号など読む気にもなれません。
 読んでもらって、おおむね良い反応を頂けましたが、まだ指摘するレベルに達してなくて本気の意見を言えないだけなのかも知れません。うがった見方かもしれませんが、可能性はあります。いわゆる歯牙にもかけてもらえないというやつです。
 周囲を見れば完璧に仕上げた生原稿持参の人ばかりです。魂の込め具合を感じます。
 勝手にへこみました。あー、ぬるかったなと。
 ある程度良い反応もらったのに何かへこんでる自分がいたり。変な感じでした。良かったようなそうでもないような。

 ああ。しかし、良いこともありました。
 以前、出展した時に来てくれた方が、また来て下さいました。
 ありがたいことです。
 チョコまで頂きました。
 中にクッキーの入っているチロルチョコでした。
 おお・・・。クッキー入り。
 チロルチョコでは京きなこに次ぐ好みのタイプのチョコだったので、ちょっと幸せな気分になりました。
 この場を借りてお礼申し上げます。ご馳走様でした。
 (あ、でも、これお返しとかどうすればw)

 ちなみに最近、北海道チーズのチロルチョコ食べましたが、アレもなかなか美味いです。
 



 読んでくださる方に失礼の無いように、もっとちゃんと描こう・・・。マンガ。
 精進致します・・・。
[PR]
by skullscafe | 2010-02-17 01:37 | マンガ


<< 台本 銀世界 >>