『時をかける少女』

 時をかける少女はスゴイですねぇ。
 どんだけリメイクされますか。
 今回見たのは仲里依紗版時かけです。
 但し。アニメではなく実写。

 今回は初代時かけの続編的作りになってます。
 ふぅむ。
 予想とちょっとズレた展開をしてくるのがなかなかニクイ感じでした。
 どうも最近、仲里依紗が気になります。
 うっかりゼブラーマンも見てしまいましたし。しかも、1人貸しきり状態で・・・。単純に他にお客さんがいなかっただけなんですけど。
 
 どうなんでしょうねぇ。仲里依紗。ちょっと本作品でも目力強すぎなところがありましたが。
 でも、良かったです。仲里依紗。
 しかし、それ以上に良かったのが中尾明慶ですかねぇ。青木崇高って人も良かったです。昭和な感じが良く出てました。ああいう青春良いです。

 しかし、時をかけてる最中は頂けなかったですな・・・。
 走ってるんですけど妙に不自然。
 DVDにはメイキングも付いていて、このシーンの撮影シーンも入ってるわけですが、仲さんがルームランナーみたいので走ってるんですね。
 これ、いかんですよ。
 と、知ったような事いってみますが、スポーツクラブとかで体験した人は分かると思いますけど、このルームランナーでの走り方と普通の走り方違うんですもん。そりゃ不自然にもなるってもんです。

 でもなんだかんだいってそこそこ楽しめました。
[PR]
by skullscafe | 2010-10-24 21:43 | 映画


<< 『第9地区』 取手飲みハロウィンオフ >>