『THE有頂天ホテル』@シネプレックスつくば

 僕の行動原理は非常に幼稚で、そして思いつくと周りが見えなくなって完遂せずにおれない。やり終わって、嗚呼俺は一体何を・・・と言うのは過去多々ある。それが吉と出る場合もあるし凶と出る場合もある。特になんとも無い場合もある。つまりはどうでも良いのだそんな事。
 さて、それを踏まえて今回見た映画は『有頂天ホテル』。三谷幸喜。
 有頂天ホテル。・・・ホテル・・・ホテル・・・この前見たのは・・・・・・ホテル・・・ホ・・・あ!
 ホテル・ルワンダ!ま、まさか!
 そう!
 そうだ!
 “ホテル繋がり”だ!
 『ホテル・ルワンダ』を見た次の日に間髪入れずに『THE有頂天ホテル』だ!
 誰がなんと言うわけでもないが、一人こう言う事にいちいちこだわって遂行して快感を覚えるんだ!僕は!変態だ!わー。触ると変態が移るぞ!わー。
 
 『THE有頂天ホテル』。大晦日、カウントダウン目前を控えたホテル内の人々のちょっと奇妙なハートウォーミングコメディ。群集劇。
 三谷幸喜って人はテレビで見るととても癖のある人に見えるけれど、きっと、本当は誠実な人なんじゃないかと思う。この作品を見てるとそう思う。つくりがとても丁寧でキャラクターそれぞれに愛情を持っている。多分、そういう心意気があるからこそ、映画全体が温かさに包まれているんだと思う。
 出演している女優の中で、再評価したのが松たか子。良かった。麻生久美子も可愛かった。大好き。しかし、今回、今回に関しては一番可愛いのは何と言っても戸田恵子なのだった。
 いつもはちょっとキレタおばちゃん役や、アンパンを喋らせたりしているが、今回は本当に可愛らしい。
 役所広司の後ろにやや控えめに従い、しかし、上手くフォローし立ち回る。何と甲斐甲斐しい。こんなヒトがいたら惚れるでしょう。間違いなく。
 他にも物語も他のキャラクターも魅力的だけれど、今回は“戸田恵子”。ココだけ見てれば良いです。全部持っていく。僕は持ってかれた。あーびっくりした。

 しかし・・・


 ホテル探偵ってなんだ!あるのか?いや無いだろう!・・・あるの?


 そして・・・


 ドンキホーテサンチョパンサ・・・ホントに耳に残って離れんのじゃ!サントラには入ってるんだろうか。ヒロトは天才だなぁ・・・HIGH-LOWS解散か・・・次はどんなんやるんだろうなぁ。
[PR]
by skullscafe | 2006-01-31 00:58 | 映画


<< 最近の乙女達のファッション 『絶対服従』vodabitch... >>