『エリ・エリ・レマ・サバクタニ 』

『エリ・エリ・レマ・サバクタニ 』
 ↑映画。
 作品的にどうなのかは、評価が分かれるところ。
 が、最近、mp3プレーヤーを買って、しょっちゅう音楽が聴ける環境が出来て、音楽を聴いてないと死んじゃうという設定が何となく実感として分かる。
 特に、音楽の何に詳しいと言うわけではないのだが、分かる。感覚として。言い換えれば“飢え”が分かる。音に対する飢え。
[PR]
by skullscafe | 2007-05-13 23:18 | 映画


<< 焼肉パーティ 『ゆれる』 >>