<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

『花都大戦(はなのみやこたいせん) ツインズ・エフェクト2』


 ジェイシー・チェン

 この名を知っている人はどれくらいいるだろう。
 彼はかのジャッキー・チェンの息子さんである。
 その息子さんが、映画に出ているというので見に行った。
 ツインズ・エフェクト2。

 ストーリー
  女帝(チュー・イン)が支配する“花都”では、男は奴隷としてさげすまれていた。そんな中、男女平等で平和な世界が訪れることが予言される。

 女性上位の世界で、皇帝となる運命を持つ男が現れ、男女平等の世界が訪れるという感じなんだが、もー良くも悪くもB級。
 ユン・ピョウの主演してた『天空の剣』と言う映画を思い出したよ。
 僕としては、物足りない映画であった。アクションも今ひとつ中途半端だし、どうもチャン・イーモウの『英雄』に影響されてるらしく、アクションシーンでもエッセンスを取り入れてるんだけれど、見事な程中途半端。槍使いの人、どっかで見たことあるなぁ・・と、思っていたら、ドニー・イェンその人だった(失笑)。
 『ロード・オブ・ザ・リング』の影響も見て取れる。・・・・しかし。ここまで来ると笑うしかないよなぁ。シリアスな映画というより、パロディ映画として見たほうが良いのかもしれない。
[PR]
by skullscafe | 2005-08-31 01:03 | 映画

つくばエクスプレス

d0034682_0344865.jpg

d0034682_0344926.jpg

d0034682_0344962.jpg

乗りました?つくばエクスプレス。
茨城の希望。
つくばとアキバを結ぶIT電車。
初日、アキバはすんごい人だった。
が、実際の電車内は結構空いていた。あのアキバの混雑はなんだったのか。
女性専用車両もあるんですな。あんなに空いてるのに。朝は混雑するんだろうか。
ちなみに僕の通勤とは全く関係なかったりする。
[PR]
by skullscafe | 2005-08-29 00:34

部屋とTシャツとカフェ終了!!

 ご来場下さった方々へ、篤くお礼申し上げます!
 うーん、良かった。一時はどうなるかと思ったが(僕だけ?)なんとか無事に終了です!
 色々ほじくれば、反省は尽きませんが、今日のところはそれは置いておきましょう。
 
 今回は、土曜日から月曜までの展示で、土曜はいきなり午前中会社に出社し、午後からの参加、最終日の今日は今日で、やっぱり会社で一日いない有様。参加メンバーには迷惑かけっぱなしだった。メンバーには恐らく、「何だこのオッサンは」と思われていたに違いない。


d0034682_13584.jpg

かなり和みスペースになっていた。来てくれた人にお茶を出したり、軽食をだしたり。

d0034682_125069.jpg

しかし、ちょっと内輪ノリが過ぎるところもあった。反省。

d0034682_131772.jpg

しかし、他の部屋で展示していたお姉さんも言っていたけれど、初対面の人でも自然と繋がる雰囲気がデザインフェスタギャラリーにはあるね。知らないうちに、皆で楽しんでたりする。
その点は非常に良かった。

d0034682_133298.jpg

ヤス君の作品。作ったTシャツの量はハンパなかった。外国人の方にも臆せず対応していた。自分の作品もしっかり営業していたし。しっかりした人だ。今回一番意識が高かったのは彼かもしれない。

d0034682_13650.jpg

ユキちゃんの作品。フラミンゴで統一された作品群。ポートフォリオもあって覗かせてもらったが見かけによらず(失礼!)色んな作風で描ける子なんだなぁと感心した。
いじられキャラで、展覧会中、ずっとセクハラに近い執拗ないじられ方をしていた。ごめんなさい。

d0034682_14296.jpg

マスミちゃん作品。
色々、反省してたみたいだけど、あのハンバーガーの手描きのTシャツは非常に良いと思った。今度は油絵も見てみたい。

・・・あれ、ナオちゃんの作品の写真が無い・・・ごめんなさいボス。主催者さんなのに・・・

d0034682_133280.jpg

で、僕はこんなん作ってた。ロックTシャツを作りたかったのである。自分が着たいTシャツを作ったつもり。


d0034682_134289.jpg

 作風にまとまりが無いのはいつもの事だが、あまりにまとまり無かったので、展示されている作品のどこからどこまでが自分の作品か説明するのにやや苦労した。
 一つの画風をずっと続けるのは飽きてしまうし、それに、その時々に浮かんだイメージに相応しい絵柄があるので、作風云々よりイメージに相応しい描き方をするとこうなってしまうので仕方ない。


 あっという間だったなぁ。3日間。見に来てくれた人には楽しんでもらえたろうか。それが一番大事だ。
[PR]
by skullscafe | 2005-08-23 01:04

もうすぐグループ展

 まさか・・・この歳で・・・
 夏休みの宿題に追われる事となるとは・・・
 も、もうすぐグループ展です。み、皆さん、き来てね。















 

 Tシャツ君のバカ!箱の人の顔の絵怖すぎナンデスヨ!

・・・こんなに扱いが難しいなんて。は~・・・
[PR]
by skullscafe | 2005-08-17 18:57

SUMMER SONIC 05 ・・・8/14 その2


d0034682_14434531.jpg

朝まで生ソニ

d0034682_14444437.jpg

皆さんは何を食べました?僕はタイヤキソバ喰いました。マズ・・・いえ、何でもありません

d0034682_14445991.jpg

美人女雀士と対決。僕はしてません。

d0034682_14585235.jpg

野戦病院・・・

d0034682_14465571.jpg

朝だ!さて何から見るか・・・

d0034682_14475967.jpg

全く誰のステージだか分かりませんが・・・多分LITTLE BARRIEです

d0034682_14474621.jpg

暑い中移動・・・暑い・・・

d0034682_1448365.jpg

マリンスタジアームまりんすたじあーむ


d0034682_1449588.jpg

おおー!スタジアム入って開口一番でたのは歓声でした

d0034682_14575050.jpg

アジカンの途中で急いで戻ってBLOC PARTY。判別できないでしょうがBLOC PARTYです。

d0034682_14484388.jpg

再び、マリンへ移動。スゲー人だ・・・

d0034682_14485836.jpg

オアシスまだかー!ぅおぁっしぃーっす!


[PR]
by skullscafe | 2005-08-16 14:49

SUMMER SONIC 05 ・・・8/14 その1

 初・夏フェス!!終了!

 いや、ライブ自体、超久しぶりだった。知り合いのライブとか良く行くけれど、まともにメジャーで活躍している人たちのライブはあまり行かないもので。金が無かったり、平日で駄目だったり、あとは・・・金が無かったりとか?
 上記のような事もあり、かなり気合入れて行った。前日には会場に入っていた。『朝まで生ソニ』である。

■朝まで生ソニ■13日22:00~29:00
 興奮冷めやらぬ僕と友人Sはひゃあひゃあ言いながら会場を回った。
「マージャンやってるよー!」
「タイラーメンうめぇよー!」
「ファンタスティック4予告編流しすぎだよー!サブリミナルだよー!」
「タイラーメンうめぇよー!」
 でも、結局、寝るのであった。『朝まで~』とか言いながら大抵の人は寝てる。野戦病院。
 朝になると一旦外に出される。会場周辺は当然野戦病院。もう。
 


 ところで、僕は音楽聴くのに曲名とか覚えない人である。流れの中で聴くのであんまりブックレットとか見ないのである。今回、そこら辺の事をちょっぴり反省した。もっと、曲覚えとけば一緒に歌えたのに。
 
■RADWIMPS■11:00
 友人がチェックしておきたいというので、一発目はRADWIMPS。
「・・・。」
「・・・。行こうか?」
「うん」
非常に年齢的にも音的にも若いバンドでISLANDSTAGEは良くも悪くもライブハウスっぽさが出ていた。2、3曲聴いたところで移動。

■CAESARS■11:55
 RADWINPSを早めに切り上げたので、その前のバンドBE YOUR OWN PETも見れた。名前がスゴイよな。やや音がbisっぽい?
 そうこうしているうちにCAESARS。あれよあれよと人が増えてくる。i-pod効果?とも思ったがBULLET FOR MY VALENTINEのドタキャンも効いていたらしい。ステージ前はあっという間に埋まっていった。始まる直前は会場半分くらいだった人ももう満員状態。
 
 初っ端だし、初めての夏フェスだし中盤で見ていよう。お、そろそろ始まるよ。見て!見て!メンバーが出てき・・・え?お、おい!どこ行くんだ!突然、友人Tが走り出してしまった。慌てて友人Sと追いかける。Tよ・・・朝1時間待たせた俺が悪かった・・・と1曲目が始まってしまった。気が付けばそこはモッシュの嵐。Tは更に前へ!

・・・そう言えば、TのTシャツには『MOSH!MOSH!MOSH!』と書いてあったな・・・

ええい、なんのこっちゃ分からん踊ってしまえ!
予想通り『Jerk It Out』は荒れに荒れてた・・・恐るべし。

■LITTLE BARRIE ■12:50
 以前、ちょっとだけ試聴コーナーで聞いて良いかも、と思っていたバンド。
 か・・・かっこ良い。僕好みの音だった。今回一番の収穫。
 体を揺らす音楽が心地よい。ふと周りを見れば皆音楽に引き込まれている感じ。会場全体を音楽が包む。嗚呼、思いっきりこの音楽を吸収したい、と音を最大限拾えるよう耳に手を当て目を閉じてみる。うーん良いな。目を開けてびっくり。ドラムの人が歌っとるで。なんでそんなにびっくりする必要があるのか、ドラムの人だって歌いたい事もあるワイ。今まで気づかんかったのだった。良く見とれよ、俺。
 それはさておき。これ、今度CD買う。絶対。

■千葉丼■
 THE ORDINARY BOYSに備え、ここらへんで御飯時間をとった。
 千葉丼。御飯の上に味噌カツ。そして、トロロがかかっていた・・・らしい。僕が行った時には
「すいませぇん。トロロがぁ無くなっちゃってぇ普通のぉ味噌カツ丼になっちゃってるんですよぉ。良いですカァ?えへっ。ありがとうございまぁす」
 ・・・という事で、メイド姿のおねぃちゃんに言われた通り、トロロが無くなり僕が喰ったのは半端モノの千葉丼だったのだ。千葉市中央区丼くらいにレベルダウンしていたのではあるまいか。いや、だが美味かった。文句ナシ。しかし、何故売り子がメイド??
「めいどト言ウヨリ、あんなみらーずデスネ」
と、役者の癖にカツゼツの悪いTが言う。
 それにしても、LITTLE BARRIE のコメントより、千葉丼のコメントのほうが長い。甚だ不本意である。

 オーディナリーボーイズまでまだ時間があったので、喰いながらINMEを途中から見る。友人Tは、モー娘。ファンだが、ハードロック、ヘヴィメタルも好きな大バカヤロウ(良い意味)なのでいたく気に入った様子。しかし、僕としては、『UnderDose』(やった?)も『FireFly』(これはやったらしいじゃないですか)も聴けなかったので不満足であった。あんまり盛り上がってなかった感じもしたが・・・。ああ、もう『FireFly』聴きたかった!なんか今更後悔し始めた。

■THE ORDINARY BOYS■14:20
 マリンステージ。
あ、暑い。日差しが・・・溶ける・・・
あんまり覚えてない・・・(S、済まぬ・・・)。
でも、踊った。Tのヤツは裸になって踊っていた。

■BLOC PATY■16:10
 オーディナリーボーイズ終わり、アジカンが始まる頃から、僕はもうそわそわしてしょうがなかった。友人2人はアジカンを見ていたいようだったが、マリンからソニックに戻る時間を考えたらそろそろ移動したいなぁなんてそわそわそわそわ・・・「僕は昔野球少年でして・・・(中略)・・・で買ったCDがオアシスで、それがキッカケでバンド始めて今こんなところにいるって言う・・・」アジカンのヴォーカルの人が話している。ああ、でもゴメン僕はブロックパーテー見たいのよ・・・
 やや不満気味の友人達をせかして(ごめんね)ソニックステージへ。

 ああ、もう1曲目からMOSH!デスヨ!(『LikeEatingGlass』・・・だった?確か?)
嗚呼、ライブで聴いたら絶対間違いなく最高だと思っていた。間違いなく最高だ!周り踏んづけ状態。
 タマラン。もう、なんつうかコメントなし!楽しかった!弾けた!それだけ!音楽なんてそんなんで良いんじゃないのか。
 BROC PARTYの曲調って、何かグルグル回る感じがある。そのグルグルを生で感じちまったもんだから、体中で叫んでる感じだった。わー。ヴォーカルの声も良いよね。
 ちょっと疲れてモッシュの渦から抜け出すと、中年よりやや上とお見受けする男性と目が合った。あなたもBROC PARTY好きなのですか、と心の中で語りかけた。特に意味は無いんだけど。

■WEEZER■18:00
 Tの希望で、MO'SOME TONEBENDERをちょっと見てからマリンへ移動。WEEZERだ。
 ついに、ついに見れる。WEEZER!泣き虫ロック!うおー!わー!がー!
 と言いつつも、WEEZERに本格的に接したのは最近なのだが。会社の上司が滅茶苦茶WEEZER好きで影響されたのだった。
 閑話休題。そして、初っ端からまたしてもモッシュの渦に巻き込まれて、わけ分からん状態に。
 しかし、全身で楽しむ。
 『Buddy Holly』  『Photogrph』も皆大合唱。満足。
 選曲が皆で歌えるものをセレクトしてるようで、ファン思いな気がするね。
 良かった・・・昇天・・・。

■OASIS■19:30
 40分ほど押してスタート。
 機材トラブルとの事。
 先にWEEZERで昇天してしまった僕は、もう足もガクガクで、汗ビッショリだし、体力はもう限界だった。その上、こんなに待たされては・・・。周りの人たちも疲労を滲ませている。
 ・・・まだか・・・舞台にピンスポットが当たる。
 すぐさま歓声があがるが、ただの照明の場当たりチェックであった。いや、照明スタッフのお遊びか・・・。お遊びといえば、あまりの待ち時間にクレーンのカメラまで客いじりを始めて、観客相手にウンウンうなづいたり、イヤイヤと首を振ったりしていた。カメラが。クレーンの先についているカメラが。
 そして、観客自体も遊び始めた。
2階席、3階席はウェーブにつぐウェーブを展開。アリーナはオアシスコール。
「ぅおぁうしぃっす」という発音の良い叫びがあがったかと思うと、今度は違うところから
男1「リアーム!」
また別なところから
男2「ノエール!」
男1「・・・。」
男2「・・・。」
男2「リアーム!」
男1「ノエール!」
男1「リアーム!」
男2「ノエール!」
交互に交互に・・・お前ら何がやりたいんだ!
と、思ったら、どこからともなくサッカーボールがポーン。
「スイマッセーン」
ポーンとまたボールが戻っていく。

・・・。

“機材修理に時間がかかっております。もうしばらくお待ちください”
のアナウンスに
「頑張れよー!」
の声

観客の巨大な一人遊びが続く。そうか、みんなトラブルも含め楽しんでいるんだ。
スピーカーの音が戻った。大歓声。「うぉぉぉぉ!」「ぐっじょぉぶ!」

 そしてオアシスの登場。大合唱だ。また大合唱大会だ。
 しかし、間のMCが何と言っているのか聞き取れない。リアムが何かこっちに問いかけるのだが、
「?」
 皆一様に「え?」って感じ。客席が水を打ったように静かになる。頭をポリポリかくリアム。
 すまんリアム。答えてやりたいが日本人がイギリス英語を理解できないのか、それともお前さんが訛っているのか分からんが、とにかく言葉が分からんのだ。もっと英語勉強するよ、りっあぁんむ。そこ行くと、ノエルは心得たもので、イエローモンキーには何言ったって同じだと思ったか、「アディオース」とか適当な事言ってる。

 大盛り上がりの中、大トリのOACISが幕を閉じ、空には花火が打ちあがる。誰しもが夏の終わりを感じたに違いない。
 帽子もTシャツもパンツの中まで汗でびしょ濡れで、皆で空を見上げた。友人同士で、恋人同士で、あるいは一人の人もいたかもしれない。でも、みんな此処にいて、同じアーティストを見て喝采をあげ、今、同じ空を見上げ花火を見ている。なんか分からんが幸せな気がした。




 
[PR]
by skullscafe | 2005-08-16 14:39

ついに!

d0034682_22334981.jpg

d0034682_22334925.jpg

d0034682_22334949.jpg

サマソニTシャツ来た!
どう!どうなのよ?コレ?
[PR]
by skullscafe | 2005-08-09 22:33

SlovendyワンマンLIVE

d0034682_2125055.jpg

d0034682_2125058.jpg

d0034682_2125051.jpg

 右耳にフタが付いている。
 聞こえ辛い。
 その事を意識する度にフタをした耳の奥で記憶の音が鳴り響く。ギターのディストーションノイズ。高音域を流れるウ゛ォーカル。昨日のライブの音だった。
 昨日は新横浜BELL'SでSlovendyのワンマンライブがあった。待ちに待ったライブである。
 初のワンマン。一体どれ程の人が入るのかしらん?と実は不安だった。しかしそんな危惧を吹き飛ばすかのように、多くのファンが集まった。殆ど女の子で浴衣の女の子もいて更に花を添えていた。
「夏の浴衣・・・良いね(ウ゛ォーカル裕ちゃん・談)」
 ライブも素晴らしかった。楽曲は逞しさを増し、ライブ自体の構成も良く考えられていて飽きさせない。観客に向けて歌を発している真っ直ぐな気持ちが伝わってくるようだ。

 『春うらら』からスタートしたステージ。何故か(失礼)ドラムの横溝君への“よっちゃ~ん”コールが鳴り響いていた。人気である。
 最近の曲をメインに前半は進んだ。近頃の楽曲はグルーウ゛感があるというか、グルグル回る音で聞いてる方も音に引き寄せられる感じがする。これはやはりギターの存在が大きいのだと思う。
 後半に移る前にハーフタイムとも言うべきか、ストリート風のバンド構成でのアンプラグドぽいミニコーナー(?)があった。
 ドラムがカホンに代わり、裕ちゃん(Vo.)はテレキャスターをアコギに持ち代えた。
 裕ちゃんが上京して初めて作ったという曲を演奏。ライブタイトル通り『premium gift』である。
 本人曰く「恥ずかしい~!二度とやんねぇ!(笑)」
 後半は通常のバンドスタイルに戻り、ミニアルバム『First Drip』からの曲、新曲など新旧交えて展開。初期の代表作『ダイヤモンド』は盛り上がった。
 アンコールの『シュナイダー』『gift』まで楽しめたライブであった。(横溝君の「しゅないだあぁああ~」は良かったね、うん。)
 ワタクシがデザインしたTシャツも完売との事で良かった。
「堪能したねー」
と友人と帰路に着いたのだが、どうも耳が変なのだった。2人とも上手(かみて)の最前列にいたせいでスピーカーの真ン前に立つ格好になってしまい、右耳でモロに爆音を受けた次第である。右耳がキンキンするだの、聞こえないだの言っている2人を乗せて電車は走り出したのだった。


ところで、『シュナイダー』、良いね。




Slovendyとの付き合いは意外と長い。茨城のつくば市にあるパークダイナーという飲み屋兼ライブハウスのような店が初めて彼らを観た場所である。当時彼らは持ち曲が少なく、コピー曲を混ぜながらライブをしていた。あれから4年は経つだろうか・・・。そう考えると感慨深い。
これからも更に新しい世界に連れていって欲しいものだ。
みんな期待している。
[PR]
by skullscafe | 2005-08-08 21:02

まだまだ続く『行定勲監督作品鑑賞強化月間』

 『行定勲監督作品鑑賞強化月間大作戦』。
まだまだ続いております。
先週は
『閉じる日』
(暗い。途中現実と小説の世界がごっちゃごちゃになるのが面白い。でも暗い。)
『贅沢な骨』
(暗い。つぐみの裸体が綺麗であった。しかし、永瀬正敏は濡れ場になると呆けた顔をしている立場になる事が多いような。暗くて痛い。でも、痛いのは監督の“ある種”狙いらしい。)
・・・を鑑賞。

今日は
『北の零年』
 ・・・やられた。やられたよ。こんなに長いとは知らなくて、夜中見初めて見終わったら朝になってんの。
 今回のはどうなんですか?これは?世間一般的には評価高いんですか?
 個人的には、途中退屈だったり、あまりに痛々しい内容なので、落ち込んだりしたのだが。(ああ!石田ゆり子が!ギバちゃん・・・ギバちゃ~~ん!ううっ可哀想・・・)
 ところで、石原さとみ良かった。良い役者さんです。伝わってきた。
 まだまだ、見て無い作品が沢山ある。考えてみれば『GO』見て無いよ。


 ところで、まともに絵を描いてないわけだが、そろそろTシャツ展って事で、Tシャツ作らねば。
 と、思ったんだけれど、別件でチラシもやらんとね。
 描きまくるぞー
 映画見てる場合じゃないんじゃないの?僕・・・。
[PR]
by skullscafe | 2005-08-06 08:21

あー今日も

d0034682_21561354.jpg

電車乗り遅れちまった・・・。常磐線は待ち時間が長いぜ。インターバル45分はザラだぜ!
[PR]
by skullscafe | 2005-08-04 21:56