<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

テニスのおじ様

 いきなり、Y.M.O.の『RYDEEN』が聞こえてきて、おう何だと目を覚ますと自分のケイタイの着信音だった。仮面ライダーの主題歌から『RYDEEN』に替えていたのを忘れていた。個人的には『BEHIND THE MASK』を着信にしたいんだが、探しても見つからないので仕方ない。
 とにかく、ケイタイをとると久しぶりに聞く友の声だった。おお友よ。
 
 それから数時間後、友の車に乗せられ連れて来られたはテニスコート。テニスをやる為に我々はやって来たのだ。私はオタク然としているので、インドアな野郎と皆々様は思われていただろうが、何を隠そう私は、中学時代、軟式テニス部だったのだよ。はっはっは。まぁインドア派は間違いではないがね。たまには外に出て体を動かすのも良いものだと言う事も知っている。
 
 いざ始めると体が言う事を聞かなかった。ボールがあらぬ方向へ飛んでいく。星になるのかと言うくらいに。硬式テニスなので、軟式と打ち方が違うせいもある。友も軟式出身なのだ。が、問題点の大部分は運動不足だ。
 始めて20分とかからないうちに私は汗だくだった。参った。毎日駅の階段を上るだけで息があがるくらいだから仕方ないといえば仕方ない。ボールを追う体が重い。
 人は、内臓を守るため、筋肉がある。 
 若い頃は運動など頻繁にしているので、良いのだが、働き始めると運動する暇などなくなる。そのせいで筋肉が落ちていく。すると、体は一考する。内臓を守る壁が弱っているさてどうしよう。結果どうなるか、脂肪がつき始める。筋肉が落ちた分、脂肪で内臓をカバーするのだ。これが中年太りの成り立ちだ。
 実感した。今回のテニスで。ボールを追ってジャンプして着地する際に、瞬時に理解した。なるほど!脂肪は内臓を守っている!久しぶりにスポーツをすると色々気づかされるものだ。
 しかしこの事を友に話すと、ちょっと嫌な顔をされた。
 それでも、重たい体に鞭打ちながらやっているとアドレナリンが放出されたのか何なのか、動くのが楽になり、ボールもまともに打てるようになってきた。ラリーもそこそこ続くようになる。こうなると楽しくなってくる。
 1時間30分程やり、終了となった。良い汗かいた。
 その後に飲んだビールは美味かった。
 草野球の後の、もしくはフットサルの後のビールは美味いと皆言うが、テニスの後のビールだって美味い。試してみると良い。
[PR]
by skullscafe | 2006-04-30 23:53 | 雑文

天野喜孝はスゴイ人だねぇ

 今度のデザフェスでデカイ絵描こうかなと思っていたところ、天野喜孝のHPを偶然見て、ちょっと恥ずかしくなった。
 僕のデカイ絵って、キャンパスもデカければデカイほど高いので、まぁF12くらいでもデカイっちゃデカイよなと自分に言い訳していた。そこにきて天野喜孝さんのHPみたら、インタビューで「今年は大きい絵を・・・2m3mくらいの絵を描こうかと・・・」
 ああ、忘れていた。デカイってそういう事よね。自分よりデカイものを人はデカイというよね。
 しかし、だからといって僕が2m3mの絵を今度のデザフェスに描いていくかというとそうとは限らない。よ。うん。
 ある程度のスケールを超えなければ「大きい」の定義は人それぞれだ。ゴールデンレトリバーもデカイし、ジャンボジェットもデカイ。それぞれの比べるものによる。
 それを単純に考えると僕はまだまだ本当に描き足りないのだな。そんなに量描かんでも描く時は描けるわいともどこかで考えている節があった事を認める。しかし、今日思い知った。量描く事は大事なのだ。それだけ経験が増えるということでもあるし、自分の中にある物事を計る尺度もそれによってどんどん変わって行けるのだ。
 そして、天野喜孝はこんな事も言っていた。
「やってないテーマをやりたいな・・・長いスパンで考えて2、3年描いてそのテーマのものが形になれば良いなと・・・」
 ほらね、やっぱりそうなんだよ。なんでも3年くらいやらないと見えてこないんだよ。やり続けてやりまくって続けて探求して、真実に辿りつくまでその道の人でも3年は必要と考えているんだ。
 続ける事が大事。
 
[PR]
by skullscafe | 2006-04-30 09:50 |

TSUTAYA(地域限定)

 憤懣やるかたない。
 地元のTSUTAYAに行った。
本屋や、CD屋もしているので非常に便利なのだが(CDは買った事無いんだけれど)、その分、レンタルのスペースも小さくなっているわけで、となると品揃えにしてもやや不満が出てくるのは仕方が無いことなのだろうか。
 地元の恐ろしいほど品揃えが充実していたレンタル屋がなくなってしまったので、今やTSUTAYAに全面的に頼るほかなくなってしまったこの状況下において、TSUTAYAの責任は重大なのだ。それなのに・・・
 それなのに、ボトムズ置いてないって酷くないか。地元のオタク達はこの現状に満足しているのか。いいのか、それで。深く探してないが、きっとダンバインも無いぞ。いいのか。マイナーアニメがないのはまぁ100歩譲って仕方ないとしても・・・ボトムズ置いてないって問題だろう。
 もー見たい映画は片っ端から貸し出し中だしさー。うきー!!
 やはり、もう残された道はネットしかないな。オンラインレンタルのサービスの会員になるか!?
[PR]
by skullscafe | 2006-04-29 16:32 | 雑文

Tシャツ展

 Tシャツ展の打ち合わせしてきた。
 前日に、SLOVENDYのライブ行ってそのまま友達とオールでカラオケ修行に入ってしまったせいで寝ないで参加。朦朧としていた。いや、漫画喫茶でちょっと寝たんだが、思わず、ウルトラジャンプ読んでしまって、荒木飛呂彦先生の超絶技に圧倒されてしまっていたので、うっかり寝損ねたのだった。スゴイよ、荒木先生。漫画を芸術の域に高めてくれるのはきっとあなただ。
 都合の合わなかった1名を除き残りの3人でデザインフェスタギャラリーにて打ち合わせ。
 何が決まったんでしたっけ?なんせ頭が朦朧としていたものですから。
 
 えーと、

 とにかく

 7/1~3

 Tシャツ展やるのでいらして下さいね。

 詳細もボチボチ公開して行きます。
 でも、決まったのって僕がDM作るって事だけだよね?

 しかし、オールでカラオケなんて久しぶりだったなぁ。
 修行の成果→洋楽は強引さとデカイ声。力技で押し切れば歌えてる感じに聞こえる。


■最近買った漫画■
皇国の守護者 3 (3)
佐藤 大輔 伊藤 悠 / 集英社
ISBN : 4088770773
スコア選択:

おんもしれぇ。
コレ、絶対に来ますから。
今のうちにチェックしといたほうが良いですよ。
[PR]
by skullscafe | 2006-04-23 21:54 | 展覧会

SLOVENDY LIVE

 まだ時間があるからラーメンでも食うか・・・
 そう考えたのが間違いの元。
 ライブハウスBELL'Sとラーメン博物館は全くの逆方向。敢えてラーメン馬鹿はラ
ーメン博物館に向かう。
 支那そば屋で醤油ラーメンを食べる。激ウマ!と言うわけではなかった。刺激の
ある味では無いのだ。意外と素朴なのだが、スープまで一滴残らず飲み干してい
た。ふ~ん。
 実はこういうラーメンのほうが作り出すのは難しいのかもしれない。トンコツ味
のものより。
 などと思っていたら、もうライブ始まる15分前。もう一軒回ってミニラーメンで
食べてみようかなんて考えていた僕のバカ。BELL'Sまでダッシュじゃん。
 慌てて走っている僕を見て町行く人は「大塚愛のフアンだな」と思っていたに違
いない。アリーナでは今日、どうも大塚愛のライブらしかったから。
 しかし、僕が向かったのは道はさんだビルの地下にあるライブハウスだ。
 間に合った。
 あーもーオジサン、アセダクダヨー。ビールビール。グビグビ。娘さん達すんま
せんね、オジサン走ってきたからさー。あ、ラーメン臭い?ん?ん?

 SLOVENDYにとって今日は2回目のワンマン。どんなライブをみせてくれるか・・・
走ってきたのも手伝ってかビールの酔いが早くも回ってきた頃、ライブは始まっ
た。
 1曲目に新曲を持ってきた。これは意外と勇気が必要だったのではないか。気のせ
いだろうか、やや不安定な感じがした。
中盤に、アコースティックコーナーを設けていた。流れがここからぐっと良くなった気がする。
 『恋猫』と言うコミカルな曲が聴けた。これはなかなか良い。SLOVENDYの知らない一面が見えた。この曲をきっかけになんとなく空気が変わった。ステージへの集中力がぐっと増した。
 続く曲は『回り道』。おお懐かしい。初期からのファンは聴いたことがあるだろう。最近のファンには新しく聴こえるかもしれない。
 このアコースティックな感じ(完全にアンプラグドではないんだけれど)の演奏はSLOVENDYにあっているのかもしれない。ヴォーカルも良く聞こえるし、アコギとエレキの響きも良い。
 そこから、アコースティックコーナーから元のバンド形態での演奏に戻る。
 後半はは情念系の曲で始まった。ここまで来ると場内も暖まってきて、良い感じだった。『シュナイダー』とかの情念系の曲、結構好きなんだが、SLOVENDYは“爽やかさ”を言われてきたけれど、意外とそうではないかもしれない。ちょっとメロウな感じも結構良い。それはこれまでの成長の証なんだろうか。
 気がついてみればアッと言う間の約2時間。中盤から後半の流れがとても良かった。
 6月にはなにやら参加したオムニバスアルバムも出るらしいので、今後とも期待を込めて注目するのだ。

SLOVENDYのHP
[PR]
by skullscafe | 2006-04-23 08:40 | 音楽

◆デザイン・フェスタVol.23◆

 デザインフェスタ、詳細決定の由、再度ご案内。

◆デザイン・フェスタVol.23◆

日時:2006年5月21日(日)

場所:東京ビッグサイト 西1,2,3,4ホール

ブースNo:C+-921(4階になってしまった・・・)

『Skull's Cafe』(スカルズカフェ)
イラスト展示、ポストカード・Tシャツ販売


お暇な方は是非。
[PR]
by skullscafe | 2006-04-22 11:10 | デザインフェスタ

正しくあろうとすると間違える。
シンプルであろうとすると複雑になる。
考え過ぎは良くないが考え過ぎる。
まいった。
まいった。
[PR]
by skullscafe | 2006-04-21 16:08

芝居夏フェス計画(妄想箇条書き)

 勝手に妄想。芝居夏フェス計画。どちらかと言うと観客視点。
 音楽ほど気軽でない、総合芸術である芝居は、切り売りが非常に苦手だと思う。故に、よくある音楽のフェスのように、舞台を数箇所に設置して自由に見てもらうと言うのは考えがたい。強引にその形にはめようとすると、オムニバス、コントのような単発の舞台があっちこちにある、という感じになる。汐留の日テレあたりで催し物でやっている形態に近いか。できない事も無さそうだが、芝居の良さがスポイルされる気がする。芝居の持つ独特の雰囲気と言うのはそこにはないだろう。やはり、ある程度ボリュームのあるものを見たい。
 他にどんな方法があるか。数箇所の劇場を借りて同時にフェスの名の下に公演・・・あまり意味が無い。
 同じ劇場で、1時間区切りで色んな劇団が公演。これはちょっとフェスっぽい。1時間の舞台を2本立てというのはキャラメルボックスが既に実演済み。これの拡大版みたいなもの。しかし、これだと見本市みたいになるかな・・・。それもアリか。ショーケース。あ、高校演劇の大会みたいなもんか。そう考えるとちょっと凹むな・・・。
 または、まともに1時間30分~2時間の通常の公演のボリュームのものを立て続けにやる。夢の遊眠社は3部作一挙公開ってことで6時間の公演をぶったことがあるらしい。やれるかやれないかで言えば、やれる。
 もしくはもっと違う形にする。もっと実験的な何か。天井桟敷がやったと言われる路上演劇みたいな。そういえば、ちょっと前、下北沢のカフェの数箇所で芝居を同時進行で行うというカフェ芝居を見たな。KAKUTAは花やしき貸切で公演やってるな。
 芝居祭り・・・デザフェスやゲイサイの芝居バージョンみたいなものが出来ればよいのかな。
 ある程度の広さのスペースを借り切り、1日中そこが舞台となって芝居が展開していくとかどうだ。ディズニーランドの芝居オンリーバージョン。舞台と客席が一体化。
 ・・・あー妄想がとまらねぇ・・・。しかし、複雑になってきたのでここら辺でやめとこう。
 !電車貸切で芝居!・・・キャラメルがやってたか・・・じゃあ、スタンプラリーを混ぜて・・・どんどん複雑になる・・・しかもそれ芝居と関係ないじゃん。
 複雑なの、ダメだ。結局最終的にはシンプルなものが一番強いのだ。そして正しい。
[PR]
by skullscafe | 2006-04-18 01:43 | 芝居

描く描くしかしが

d0034682_0485519.jpg

描いている。しかし、手が遅い。
もっと早く描きたい。
でないと・・・飽きてしまう。
飽き性なんだよー。1つの事に集中できないんだよー。
恋愛はそんな事ないよ?付き合い出したら、もうそのコだけよ?一途よ?気持悪いほどに。ホント。嗚呼キモチワルイ。その代わり、別れたらもう二度と会わない。
閑話休題。年々集中力が落ちていく気がする。雑念が過ぎた年月の分だけ増えている。そして、あれもこれもやりたくてソワソワする。
嗚呼頭の中にあるものを吐き出さなくては。でないといつまでも頭の中に残ってグルグル回っていることになる。古いものをいつまでも残しておいて良いことなんて何一つ無い。新しいこと考えるのにも邪魔だし。
集中力よ高まれ。
[PR]
by skullscafe | 2006-04-17 00:48

ラジオ出演

d0034682_21211851.jpg

d0034682_21211820.jpg

d0034682_21211998.jpg

d0034682_21211923.jpg

先日、友人のバンドSlovendyがラジオ出演していた。
横浜FM、ミュージックアワード。1時間番組任されてた。
但し僕は茨城在住。なかなかの電波受信状況。さすが距離があるだけあるね。ザーザーですよ。
『今晩は~スロベンディで~ザーザーザッザーはっはっはいや、それはね~ザーザーザーそれでは曲ザーザーザーザーザザーザーザーザー
こんな感じだった。
しかし、めげずに電波状況良いとこ探して聞いた。
何か、ラジオ良く聞いてた中学の頃思い出した。あの頃は岸谷ゴローがラジオやっててさー。『ボンビーくん』てコーナーが面白くてさー・・・




Slovendy、いよいよ今度の土曜にワンマンですよ。
[PR]
by skullscafe | 2006-04-16 21:21