<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『鉄コン筋クリート』

 この日をどれほど待ちわびた事か。
 映画『鉄コン筋クリート』公開。

 見てきた。
 12/23(土)の夜である。クリスマスイヴイヴ。そして土曜日の夜。学生はもう冬休み。そして、何と言っても松本大洋の代表作漫画のアニメ化。こんな条件下では、かなり込むのではないかと早めに映画館に行った。
 フタを開ければ、何が何が。ガラ空きである。ガラガラ。
 
 あれー・・・こんなに人気無いんだ~・・・

 実際はどうであったか。
 正直、評価に悩むのである。

 シロの声はとても素晴らしかった。実は見ていて、ガンガン心にキテたのは、大部分がこのシロの声だ。
 声をあてているのは蒼井優。なんてスゴイ娘。惚れた。惚れました。
 
 映像もすばらしいか・・・・ったとは・・・言い難い。確かにキレイだし、背景なんかはスゴイんだが、ひっかかりが何もなくズルズルと物語が流れていってしまって、しっくり来ない。例えば、動物園でライオンをもっと間近で見たいのに、オリと強化ガラスに阻まれて、確かに姿は見れるのだが詳細が見れないという感覚に近い。
 
 町自体を主人公にしたかったのかな、とも思う。

 しかし、そんな残念そうな事言っておいて、後半は結構集中して見れたのだった。クロのイタチとの葛藤を描いた心理描写など、何とか言いながらも引き込まれたし。
 
 で、面白かったか?と聞かれると言葉に詰まるのだ。全体的には満足している感じなのだが、思い起こすと、もう一度見たいかと言うとそれほどでもないのだ。

 この映画を作ったアニメ会社がスタジオ4℃という。
 この会社の作った「マインドゲーム」というアニメがあるが、あちらのほうがインパクトが強い。あのアニメも観念的なところがあるが、物凄く面白く伝わってきたし、何しろ迫力、スピード感が抜群であった。僕が今回『鉄コン筋クリート』に求めていたのも、迫力、スピード感なのだった。
 松本大洋の作品はオフビートな所もあるし、それが特徴的でもあるが、そればかりではないと思うのだ。今回、前面に出てきたのはオフビートの部分な感じがする。しかし、それを魅力的に見せるのもやはり、スピード感なのだ。

 と、言う事で、面白かったところもあるし、良かったところもあるけれど面白いかと聞かれるとウーンと考え込んでしまうのであった。
[PR]
by skullscafe | 2006-12-24 22:44 | 映画

『隙間の蟻』同居人@ゴールデン街劇場

へー。と思った。
ゴールデン街劇場。いままでコントとかでしか見たこと無かったが、こうやって装置を建て込むと、ああ、良い雰囲気。狭くてもちゃんと雰囲気は出る。いや、むしろこの話は、この歌舞伎町にある劇場だからこそ映えるのだろう。
もちろん作っているほうは、計算の上でこの話をこの劇場でやるのは必然だったのだろうけど。

内容はとても暗い。
暗い話が会話劇で作り込まれている。この作品の前では『希望』や『夢』など鼻息で吹き飛ばされてしまう。昔はもっと単純で楽しかったよね。でも生きて行くんだね。生きて行くんだよ。

役者がステキ。
当たり前かもしれないけど出演している人達が皆、自分の全て動きに責任を持っている。会話劇と言えど言葉だけでなく、肉体でも語る。

気になったのが、血糊。この話の中ではそこだけリアルに感じられなかった。それ自体は物語を終焉に引っ張っていく重要な小道具なのだけど。何故だろう。うーん・・・説明的過ぎたのかもしれない。

構成上、最後拍手し辛い。わざとそうしたのかな。観客は観客で拍手の意味を考えさせられる。話が終わったから起こるオートマチックな拍手はいらない、本当に良かったと思うならその気持の衝動で拍手しろ。
[PR]
by skullscafe | 2006-12-15 07:23

『スーパーエッシャー展』

d0034682_23231210.jpg

すっごいのすよぉ~。
ただのエッシャーじゃないのす。“スーパー”エッシャーのすよ~。普通のエッシャーよりスゴイのすよ~。

良かった。
しかし、すンごいボリュームがあった。う~んさすがはスーパー。ご立派でいらっしゃる(片桐仁口調)。

騙し絵で有名なエッシャーだが、その前に版画家である事を思いしらされた展示であった。
光と陰の表現が絶妙。
そして論理を芸術に転嫁できるセンス。
あー震えた。今回の展示、まさかこんなに心震えるとは思わなかった。
これは見てない人は一度見たほうが良い。
[PR]
by skullscafe | 2006-12-09 23:23

『DEAD AND ROLL』

『DEAD AND ROLL』
・・・という映画のチラシのレイアウトやってます。
友人の自主制作映画です。

『DEAD AND ROLL』

◆日時◆
2006年1月19日(金)~20日(土)
開場19:00 開演19:30

◆場所◆
シネマボカン
(東京都世田谷区代沢2-45-9飛田ビルB1F)


久しぶりのチラシ・・・でもないか。
が、ちょっと、リハビリ(失礼)も兼ねて、やらせてもらった。
うーん。ケアレスミス多いなぁ。
リハビリどころか更に凹んでいる。
集中集中。
[PR]
by skullscafe | 2006-12-06 02:17 |

ウルトラセブン

実相寺昭雄監督が亡くなりましたね。
ウルトラマンやセブン。(o|o)僕が見ていたのは、再放送だったのかな?分かりませんが、子どもの頃良く見ていました。幼少の僕の写真は大概スペシウム光線か何か、とにかく光線を出しています。
O=(%)o
チャブ台を挟んで宇宙人と相対するモロボシ・ダンの図は頭に焼き付いて離れません。
最近では京極夏彦の小説の映画を・・・いや、今のところはコレは忘れましょう・・・。

月の林に星の船。M78星雲は素敵なところですか?
ご冥福をお祈り致します。
[PR]
by skullscafe | 2006-12-05 21:24