<   2008年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『GEIDO』

大学の時の後輩がまだ舞台で頑張っている。結婚し父となった今も。

応援せずにはおれない。

六本木で芝居やるというので見てきた。
ははぁ。六本木にも小劇場があるのねん。

芝居は、新劇、歌舞伎、大衆演劇入り乱れる時代の中で生きる役者の生き様の話。
時代設定は古いが、セリフや格好はそんなことお構い無し。

かなり強引な展開を啖呵切りまくり見栄張りまくりの力業でねじ伏せて客席を納得させる。
まさに無理を通して道理を蹴っ飛ばした芝居。
殺陣が良かったねぇ。男だらけで皆体出来ていてね。声張り上げすぎたせいか喉潰してる役者がいて全っ然セリフ聞こえないのは困りもんだったがね。
それはこの際置いといて、勢いあってその点は気持ち良かった。
[PR]
by skullscafe | 2008-07-14 21:38