「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『芸術企業論』

 日本美術界の鬼才、村上隆さんの本『芸術企業論』を読んでいる。
 GEISAIはビビって参加しなかった僕です。
 デザフェスにヌルく参加してました。すいません。ヌルイです。ごめんなさい。
 
 読み途中なんだが、なんか救われたり、凹まされたり。
 いや、凹む資格なんてないのかもしれない。


 上に行く人は上に行く方法論を持っている。そして実行している。
 上にいる人はそこにい続ける為方法論を持っている。
 方法を見つける。そして実行する。当たり前のことのように聞こえてこれがなかなか出来ない。だからこそ、上にいる人は一握りなのだけれど。
 気付いたのなら行動しなければいけない。
 上に行くのにスマートさなんて気にしてられない。天才は別。

 裸の自分を直視して、目を背けてはいけない。そこから人にはない自分だけの感性を探し出し、研磨し、クッキリとした形に仕上げる。
 それと同時に、自分が勝負する世界のルールを把握する。上に行くプロセスを分析する。
 あとはをのオリジナルの感性を武器にして、分析して導き出した上に行く方法を実践する。
 短期戦でなく、長期戦を覚悟する。
 長期戦を戦うモチベーション、お金を保つ。
 精神的には『怒り』を持ち続けること。世界に対して、自分に対して。
 『怒り』は原動力となる。
 
 大体そんなことが書いてある。
 成功者は、なんとなく成功しているのではなく、成功するべくして成功しているということか。
 
 貪欲さがなければいけない。




 岡本太郎の『自分の中に毒を持て』っていう本を思い出した。
 道で仏に逢えば仏を殺せ。
 の説法を受けて、岡本太郎氏いわく。
 「出逢うのは己自身です。自分自身に対面する。そうしたら、己を殺せ。」






で、芸術で起業するのか?さぁて・・・・ね・・・・
[PR]
by skullscafe | 2008-11-02 19:47