「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『六三四らーめん2号店』拉麺放浪記

d0034682_12343355.jpg

 お客さんに約束すっぽかされ、何しに水戸まで来たやら。
 これはもう、ラーメン食べるしかないでしょう。
 この心を癒してくれるのはラーメンしか・・・
 人にはラーメンでしか埋められない心の傷があります。

 辿り着いた店は『麺屋武蔵』・・・ではなく『六三四らーめん2号店』。水戸から6号を更に北へ向かい、那珂を過ぎズンドコ行くといつかは左手に出てきます。
 剣道マンガみたいな名前ですが・・・め〜ん!なーんて・・・。



め、めん・・・

面←→麺


ま、まさか・・・
しかしなんと言っても看板には『宇宙で2番目においしい』と書いてあります。
あり得るやもしれません。

メニューには醤油、味噌・・・トマト・・・

トマトラーメンです。
トマトラーメン自体はちょこちょこ見かけるので驚きはしませんが、自家製マヨネーズを載せているとのことで気になって頼んでみました。

赤いスープ。そして細麺。そしてあれはキャベツの千切りでしょうか。その上にチョコンと控えめにマヨネーズ。

トマトラーメンで気になるのは酸味ですが、ここのは酸っぱくないです。
その為か、ラーメンと一緒にクエン酸の入った小瓶が付いてきました。
確かに。酸っぱいのが苦手な僕ももう少し酸っぱさがあっても良い感じでした。なので、ちょこちょこクエン酸足してました。

スープはクドくなくサッパリし過ぎることもなく、なかなか美味かったです。

また食べに行っても良いかなと思いました。
ただ、お客さんはエラク少なかったですねぇ。
僕の先に入ってた人が1人、後から入ってきた人が2人。
また行くからもっと頑張れ!


あ。ラーメンデータベース見たら中細麺と判断されてるな。
結構細い思うけど。
[PR]
by skullscafe | 2010-02-24 12:34 | ラーメン

台本

仕事!
と思って飛び起きたら休みでした。
最近多いです。これ。

なんだ・・・休みか・・・
じゃあ布団でぬくぬくしてよう。と思いましたが、ん?何かやること忘れちゃいませんか?

あ!
本書かなきゃ!

6月公演用の台本。
書き始めればこんなのすぐだぜ!と鼻唄混じりでしたが、そうでもなかったです。やっぱり。

書けるには書けますが、何だかイヤな感じです。今書いているのはシーンの為のシーン、セリフの為のセリフが重なっていくようで居心地がよくない。

そういうのが重なると白々しくなっていけません。

物語は所詮嘘ですが嘘であってもそこに真実を混ぜていかなければ。嘘を通して真実を見せなくては。ひいてはそれがリアリティーに繋がっていくのだと思っています。

何か伝わるものを書かなくては。
[PR]
by skullscafe | 2010-02-20 08:32

COMITIA91終了

 原稿でバタバタするのはいつものことですから、今更何も言いますまい。
 反省しても、反省するだけでは、ね。
 ここはあえて反省しません。
 反省せず、カイゼンできればそれでいいのです。

 それよりも今回泡食ってしまったのが、当日の朝です。

「茨城って東北でしょ?」

 茨城県人であれば、誰しもが一度は他県民から浴びせられる言葉です。
 しかし、この日ばかりは茨城在住の僕もここは東北なのかもしれないとちょっと思ってしまいました。
 朝起きたら、完璧なまでの銀世界。
 道路だってもちろん凍結しています。

 いつもならば、車でビッグサイトまで行くのです。
 しかし、今回は起きがけに目の前に広がる雪景色にひるんでしまいました。
 車のタイヤも凍った路面で軽く滑りがちです。そんな状態ですから走ってる車は徐行状態を余儀なくされます。
「これでは時間がかかってしまう。電車だ!」
 と判断して常磐線に飛び乗ります。
 
 ところが。

 柏辺りでふと気が付きます。
 車窓からの景色に違和感が・・・。
 雪がないのです。
 太陽なんか出ちゃったりして。
 え?雪?何?寝言?
 なんて言われてしまいそうになるくらいいい天気。
 あんなにバカみたいに積もっているのはどうもウチの周りだけだったようです。
 なんだか、腑に落ちないモヤンモヤンした気持ちでビッグサイトに到着。

 そんなスタートから妙にケチがついた感じで始まり、毎回楽しみにしている村田蓮爾さんの本が完売していて手に入れられなかったり、持って行ったマンガもあんまり手に取ってもらえなかったり・・・。うーん。なんともションボリな感じが・・・。

 そこで、今回の最大の目的の1つでもあったのですが、出張して来ているマンガ雑誌編集部に持ち込みしにいきました。
 ションボリな感じに引きずられそうな時は自分で何らかのアクションを起こしてその空気から脱するしかありません。
 小学館のIKKIの編集部に持って行きました。
 まず、所定の場所に置いてある用紙に氏名、連絡先などを書き、IKKI編集部のブースまでいき順番を待ちます。(用紙に番号が振ってあり、その番号の若い順で順がまわってきます)
 一見すると会社説明会のような感じです。
 長机があってそこに編集の方が3人着席。その前にパイプいすが置かれ、持ち込みの人が編集の方と対面で座ります。
 編集の方が持ち込まれたマンガを読んでいる間は、「良かったらこれでも読んでてください」と今月号のIKKIを渡されます。
 や、もうこの前買って読んでるし。
 それより何より自分のマンガ読まれて反応が気になって仕方が無く手渡された今月号など読む気にもなれません。
 読んでもらって、おおむね良い反応を頂けましたが、まだ指摘するレベルに達してなくて本気の意見を言えないだけなのかも知れません。うがった見方かもしれませんが、可能性はあります。いわゆる歯牙にもかけてもらえないというやつです。
 周囲を見れば完璧に仕上げた生原稿持参の人ばかりです。魂の込め具合を感じます。
 勝手にへこみました。あー、ぬるかったなと。
 ある程度良い反応もらったのに何かへこんでる自分がいたり。変な感じでした。良かったようなそうでもないような。

 ああ。しかし、良いこともありました。
 以前、出展した時に来てくれた方が、また来て下さいました。
 ありがたいことです。
 チョコまで頂きました。
 中にクッキーの入っているチロルチョコでした。
 おお・・・。クッキー入り。
 チロルチョコでは京きなこに次ぐ好みのタイプのチョコだったので、ちょっと幸せな気分になりました。
 この場を借りてお礼申し上げます。ご馳走様でした。
 (あ、でも、これお返しとかどうすればw)

 ちなみに最近、北海道チーズのチロルチョコ食べましたが、アレもなかなか美味いです。
 



 読んでくださる方に失礼の無いように、もっとちゃんと描こう・・・。マンガ。
 精進致します・・・。
[PR]
by skullscafe | 2010-02-17 01:37 | マンガ

銀世界

d0034682_8103576.jpg

d0034682_8103592.jpg

うわ・・・
雪景色。
キレイ・・・

は良いけどたどり着けるかな・・・ビッグサイトまで・・・。


コミティア

スペース
ぬ24a

Skull's Cafe

です。
一般参加の開場には間に合いたいですねぇ
[PR]
by skullscafe | 2010-02-14 08:10

COMITIA91

いぇーい。
(斉藤和義ぽく)

コミティア、参加します。

原稿、絶賛執筆中ですがなにか。


COMITIA91
2月14日(日)
11:00〜15:30

サークル名
Skull's Cafe( )

スペースNo.
ぬ24a


お暇な方は是非。
多分新刊あります。

今回もIKKI編集部に持ち込む予定です。
[PR]
by skullscafe | 2010-02-11 01:50

絶賛

原稿途中!
・・・。
間に合うんかいな・・・。
コッチのブログ停滞してて久しぶりに何か書いたらこんなことかと。
いつもの如く、いや、いつも以上にギリギリジンジンジンですかと。

でもやるしかないです。

なんて情けない日記かしらん。


というわけでコミティア近づいてます。
多分前日の、いや当日の朝方まで作業してるんでないかと予想します。
[PR]
by skullscafe | 2010-02-09 02:48