「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Re:animation

歌舞伎町「Re:animation」3たび 5月3日にアニメとクラブが融合
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1912360&media_id=50

 うむ。3回目。

 屋外DJパーリー。
 テクノ、ハウス、ロック、アニソンが歌舞伎町で鳴り響くイベント。
 アニソン。ここがポイントでしょうね。

 1回目から参加してますが、なかなか面白いイベントです。
 アニメファンも音楽ファンも楽しめると思います。
 コスプレして臨む人もいましたし、と思えばアニソンなんて関係ない!のテクノで圧してくるDJもいますし。
 アニメに生理的に嫌悪感持つ人には向いてないイベントでしょうし、アニソンでない音楽は受け入れられない人にもダメかもしれません。
 ただ、それらボーダーレスに楽しめる人にはとても面白いイベントでしょう。濃い薄いはあるでしょうけれどアニメオタクの人でも音楽好きはいますし、音楽好きの人にもアニメを見る人はいますもんね。


 
 まぁそんなことより何より、歌舞伎町のど真ん中で約1000人を躍らせてUSTREAM瞬間視聴者数世界一になったこのイベントが、『企業が絡んで利益を目的にしたイベントではない個人発信のものである』というだけで実に痛快です。



 すでに大規模になってしまって今回もどうなるのかと思ってましたが、資金繰りをCAMPFIRE(※)というシステム・・・?団体?・・・を使って行っています。
 単純にいうと『皆でお金出せる分出し合ってイベント作ろうよ』というものです。
 でお金を出してくれた人には特典が付いてくると。

 ここで面白いのは、スポンサーを企業に頼ってない事です。
 この規模なら企業から話もありそうですけど、まぁあったらしいんですけど、そこにはいかなかった。
 あくまで“個人の手によって作られる”イベントにこだわった。
 このイベントの主催者はかなりそこにこだわっています。

 大きな規模のイベントになると例えこれが個人の手によって運営されているイベントといっても、サービスを提供する側、サービスを受ける側に別れてしまいます。
 元々は「大きな音で音楽かけてみんなで踊ろうよ」というところから始まってDJも運営もフロアにいる人も「その場所を自分達が作っている」という感覚が当初あっても、人が増えイベントが繰り返し行われ時間も経てば、その色は薄くなってきます。
 今回はそこに対する1つの答えになるでしょう。
 そのイベントを成功させるために、身銭を切る。



 「俺も金を出してる」「私もお金を出した」=「俺が(私が)Re:animationだ」


 この感覚があるといいですねぇ。
 
 あ。
 このイベントはクリーンなイベントを目指してます。色んな意味で。
 まずは目の前にゴミがあったら拾ってみますか。どうですか。
 成功させたいですねぇ。



※・・・その昔、貴族がパトロンとなって音楽家や画家に作品を作らせていました。それを現代版にして個人個人が小さなハプスブルグ家になってそういった色んな活動を支援しようという活動みたいです。まぁ詳細はサイト見てください。

http://camp-fire.jp/
[PR]
by skullscafe | 2012-02-19 09:36 | 音楽