メトロン星人

ふと今思ったのだけどこの歳になってGoogleで必死こいて“メトロン星人”とか“ウルトラセブン”とか検索してるのは、自分でもどうかと思う。
・・・なんて、ちょっと今度描くチラシのネタばらしを微妙にしてみる・・・。分かる人には分かりすぎるほど分かってしまうであろう。
分からん方は是非、ウルトラセブンの『狙われた街』という回を見るのだ。
「え~、大人なのに・・・」
大人だから見るのだ!
[PR]
# by skullscafe | 2005-05-01 17:25

レレレのレミオロメン

 新しく出たアルバム、良いね。うん。良いんじゃないかな。買って無いけどね。レンタルで借りたのさ。
 藤巻って人の声はなんでこう、届いてくるかね?
 レミオロメンって言えば、僕の持っている(いた)デビュー前、下北のライブハウスで買った自主制作CD、まだ弟は返してくれないのだが・・・本当に売っちまったんじゃないだろうな?タイミング的には非常に良いけどな。今。日本武道館やって、新しいアルバム出て。
 違うんだ。あの自主制作版がプレミアもんだから惜しいんじゃないんだ。『ビールとプリン』って曲はあの録音が一番勢いがあって一番良いんだよ。だから『ビールとプリン』聴くならあのCDで聴きたいんだ。返せー!
[PR]
# by skullscafe | 2005-04-30 21:47

茨城文化

常磐線の中でパラパラの練習をしている18歳くらいの男の子がいた。
茨城ではパラパラってまだはやっているんだろうか?
それともブームが再燃したのを僕が知らないだけだろうか・・・
[PR]
# by skullscafe | 2005-04-29 19:38

宇宙ってラグビーボールだったんだって

 僕は地球にいて、
 地球は太陽系に属していて、
 太陽系は何か良く分からないが星雲だか何かに属していて、
 その星雲は宇宙に属している。
 更に、考えるに宇宙は何処までも何処までも続いていて果てが無い。
 いや、あるんじゃないか果て。意外と。
 何処までも何処までも行くと、コツンと、細胞膜かなんかにぶつかって
 実は、それは細胞の一つで、宇宙はその中に納まっている。
 その細胞の周りには同じような細胞が無数に集まっている。
 そして、それら無数の集まりが内臓を、骨を、筋肉を作っていき、
 それらが人を形成する。
 そしてその人は、ある星に属していて、
 その星はとある銀河系に属していて・・・・

 ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・・

 と、小学生のときに良く考えていた事を今日、考えている自分を発見した。
 あの時から自分は実は何一つ進歩していやし無いんじゃないかと思う。
 そんな、自分がちっぽけに見える今日であった。
 
 早い話、嫌な事があったんです。
[PR]
# by skullscafe | 2005-04-28 00:13

春色

道を歩いてると春服の人が増えてきたのに気づく。
 随分色彩的に鮮やかになった。
そんな中にいると妙に落ち着かない気分になるのはなぜだろうか。
まぁ良いか、ビールを呑もうぜ。
 ビールは変わらずにいつもそこにいる・・・と思ったら『その他雑酒』と書いてあった。

ところで、ご婦人方。歩き方にご注意されたい。
最近、多くなった気がするのだ、歩き方が美しくない方々が。
 姿が美しくとも歩き方が悪いと興ざめしてしまう。
 逆に美しく歩いている方はそれだけで3割増しである。本当ですよ?
 美しくあれご婦人方。
[PR]
# by skullscafe | 2005-04-26 20:37

思い通りには行かないのさ

 絵仕事(仲間内だけどな)があるとリーマン仕事が疎かになるのは過去から推測できるが、6月までその状態が続くとなると僕はどうなってしまうんだろう。もうダメ人間として生きていくしかないな。コレハ。

 そんな今日、マンガ雑誌『IKKI』を買って、帰りの電車で読みまくっていた。このマンガ雑誌、そんじょそこいらのマンガ雑誌とは違うんだぜ。ハートがあるのさ、どのマンガにもな。
 ・・・オトナがマンガを読んでいる不思議大国ニッポンの片棒を担いでいるぜ。ああ、自覚してるさ。でも、良いじゃないか。立派な輸出品。皆で萌え文化を高めて、ニッポンを世界のステキなマスコット的存在に押し上げようぜ!

 マンガ、そういえば、昔漫画家になりたかったな・・・ベレー帽・・・良いよな。
[PR]
# by skullscafe | 2005-04-26 00:30

Blogですよ

Blogハジメマシタ。

昨日、今日は妙に忙しかった。
土曜はいつもながらサービス出勤。そして、夜は代々木八幡にあるカフェLIFEのイベントに行く。
 今回は、地球を考えるのがテーマらしい。
 ピースフルな夜になった。 

 バンド演奏ではタルタルフィッシュロールを始め、楽しい音楽を提供してくれ、和む。
 片手にはもちろんビールさ。

 そして、絵の展示もやっていて、芯明さんやナオちゃんの作品を見る。
 芯明さんの作品は相変わらずどっしりとした安定感が感じられる。
 2つキャンバスがあり、一方には「阿」もう一方には「吽」と黒地に大きく書かれている。始まりと終わり、もしくは、誕生と死の事である。よく見ると、小さく仏様が沢山居る。
 しかし、作品全体が、金網のよなもので覆われており、がんじがらめになっている。
 生も死も、自由にならない歯がゆさなんだろうか。芯明さんはよく中国をテーマに作っているみたいなので、あるいは中国の現状を描いているのかもしれない。
 ナオちゃんの絵は、以前話には聞いていた蓮をモチーフにした連作で、僕も見ていて良いなぁと思う絵が1枚あった。一緒に行った会社の同僚は小さい絵を1枚お買い上げ。
 いいなぁ。お買い上げしてもらえるような絵を僕も描かねば。

 そこからLIFEを後に、マリッヂ・ブルーの皮村さん宅へ。電車がなくなったので泊めさせてもらう。更にはその場で、DM原稿の直し・追加。まさかここで追加があるとは!アウチ!

 朝、皮村さん宅で目覚めた僕は、仮面ライダー響鬼でお目覚め。どうしても見たくなって勝手に見ていた。響鬼の仲間が知らないうちに増えていた。

 その後、僕は皮村さん宅を出、午後からククルカンの芝居をみるまで時間があるので美術館に行く事を思いつく。さて、何を見ようか・・・とりあえず、東京現代美術館に行ってみる。
 ルオー展を見た。
 本当はゴッホ展のつもりだったんだが、開催している場所を勘違いしていたのだ。まぁ収穫はあったのでヨシとする。

 午後は、ボーダビッチの真坂とククルカンの芝居をみに萬スタジオへ。
 場面転換が『水と油』(←※パントマイムのパフォーマンス集団)みたいだった。
 『水と油』と言えば、そろそろ公演があるはずだ。見に行かねば。
[PR]
# by skullscafe | 2005-04-24 21:53